アイスランドポピー

早春に切り花として出回るのはこの種類です。花弁は紙のようにうすく葉は根出葉です。6~9月に播種します。タネが小さいので覆土はせず、新聞紙で覆って乾かさないように管理しましょう。定植は幼苗のうちに根を動かさないよう気を付けながら行います。高温多湿になると蒸れて立枯れ病を起こすので密植は避け風通しを良くしてやりましょう。日当り、水はけの良い場所を好みます。
ポピーの属名(ケシ属:Papaver)は、ラテン語の「papa(粥)」が語源。幼児を眠らせるため、お粥(おかゆ)に催眠作用のあるケシ属の乳汁を加えていたことに由来します。ギリシア神話では、眠りの神ソムアヌが、豊穣の神デメテルを眠りにつかせるためにつくった花とされ、花言葉もこれに由来します。赤いポピー(Red Poppy)は「慰め」「感謝」、白いポピー(White Poppy)は
「眠り」「忘却」、黄色いポピー(Yellow Poppy)は「富」「成功」という花言葉はあります。
本種は花持ちがいいので切花にもよく利用されるが、切り花にする場合は冬咲きの、まだつぼみのそれを用いるのがよい。本種は茎を切ると白い樹液が出てきて切り口を塞ぎ、吸水性が悪くなるので、切り口を焼いたり湯に浸したりしてこれを防いだ方が長持ちする。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  • 2017.8.4

    荻窪病院

    荻窪病院になってから77年経った、今でも最先端医療で治療する等のことをしてご活躍…

  • 2017.3.28

    久保田産婦人科病院

    1954年に開設以来、地域密着型の産婦人科専門で多くの妊婦さんやママさんをサポー…

  • 2015.4.13

    マルグリット

    心を込めたお花の製作でより華やかなシーンを演出してくれるフラワーショップです。 …

  • 2018.9.3

    みらくる歯科クリニック

    矯正歯科学会の認定医が在籍していますし、患者さんを笑顔にするというコンセプトのも…

  • 2020.8.25

    赤羽小児科クリニック

    地域のお子様とそのご家族のホームドクターとして、小児科クリニックとして小児科の総…

  • 2016.10.25

    中山小児科医院

    お子さんが日々健康的に過ごせるよう、健診や予防接種を積極的に取り入れていて、管理…

  • 2020.2.18

    日比谷ヒフ科クリニック

    日番谷駅直結、さらに平日は19時30分まで診察しているということで忙しい方にも通…

  • 2017.1.5

    東葛クリニック病院

    内科、外科、泌尿器科、整形外科など他にも合わせて全てで10の診療科目がありますが…

  • 2018.10.2

    井上クリニック

    妊婦さんが安全かつ安心して出産できるようサポートを行っている産科婦人科クリニック…

  • 2018.3.1

    本田眼科クリニック

    一般的な診療だけでなく、白内障の手術など先進医療にも対応しておりますので、目の症…

カレンダー

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る