日本におけるカンナの栽培

カンナは一般に熱帯アメリカにある花ですが、日本でも育てることが出来ます。

ここでは、カンナの育て方、および病気について述べます。

まず育てる場所ですが、日当たりの良い場所を選びましょう。

熱帯性の植物なので、寒さに弱いのですが、真夏の直射日光の下でも大丈夫といわれます。

用土は、有機質を多く含む土なら基本的にどのような土でも育ちます。

地植えの場合は、堆肥や腐葉土をたっぷり混ぜ込んでおきましょう。

植え付けは暖かくなる4月以降が適しています。

カンナはデリケートな植物で、土を乾かしてしまうと成長してくれません。

といって、水をやり過ぎると枯れるおそれがあります。

また花を咲かせようと肥料をたくさん与えると、かえって花付きが悪くなります。

肥料や水は適量適切に行うのがポイントでしょう。

これからは、カンナの病気について述べます。

カンナの病気には、モザイク病、黄色斑紋病(おうしょくはんもんびょう)、茎腐病(くきぐされびょう)などがあります。

モザイク病とは、葉脈に沿って淡い黄緑色のモザイクがでるという症状です。

黄色斑紋病は、はじめは葉脈に沿って黄色になり、その後全体に広がってしまいます。

茎腐病は、その名のように茎の下から枯れていく病気です。

以上のようにカンナの病気について述べましたが、あまり心配することはありません。

病気にかかりにくい植物なので、一般的にカンナは育てやすいといわれます。

とはいえ、デリケートなことをふまえ手入れ気配りを忘れずに大切に育ててください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  • 2016.9.5

    いりやキッズクリニック

    病気だけでなく、子育てで不安な事やお子様の健康の事等、何でも相談出来るクリニック…

  • 2016.9.8

    ほしの内科・アレルギークリニック

    内科、小児科の一般的な診療から、アレルギーの専門医としても活躍されているクリニッ…

  • 2016.12.9

    優ビル歯科医院

    治療の主体は患者と考え、患者がそれぞれ望んでいる事を1から10まで受け止めた上で…

  • 2018.3.1

    本田眼科クリニック

    一般的な診療だけでなく、白内障の手術など先進医療にも対応しておりますので、目の症…

  • 2016.2.1

    さくら花店

    可愛らしい門構えのお店で、お店の前を通るだけでも沢山のお花達を見る事が出来ます。…

  • 2021.7.29

    沢山ある診療科、どこを受診すればいい?

    病院の診療科は、内科や外科、皮膚科や眼科など38もの種類がありますが、調子が悪く…

  • 2016.10.25

    中山小児科医院

    お子さんが日々健康的に過ごせるよう、健診や予防接種を積極的に取り入れていて、管理…

  • 2016.3.1

    アロマ&フラワーデュオ

    贈る人、贈られる人、双方の気持ちを最も大切に考えてくれるフラワーショップです。 …

  • 2016.7.1

    Studio 華輪舞

    特にプリザーブドフラワーのオリジナル商品を多く提供しているお店で、ちょっとしたプ…

  • 2015.10.1

    七尾フラワーパーク・のと蘭ノ国

    約800種類、10,000株の蘭が栽培されており、自然を全体で感じられる事が出来…

カレンダー

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る