日本におけるカンナの栽培

カンナは一般に熱帯アメリカにある花ですが、日本でも育てることが出来ます。

ここでは、カンナの育て方、および病気について述べます。

まず育てる場所ですが、日当たりの良い場所を選びましょう。

熱帯性の植物なので、寒さに弱いのですが、真夏の直射日光の下でも大丈夫といわれます。

用土は、有機質を多く含む土なら基本的にどのような土でも育ちます。

地植えの場合は、堆肥や腐葉土をたっぷり混ぜ込んでおきましょう。

植え付けは暖かくなる4月以降が適しています。

カンナはデリケートな植物で、土を乾かしてしまうと成長してくれません。

といって、水をやり過ぎると枯れるおそれがあります。

また花を咲かせようと肥料をたくさん与えると、かえって花付きが悪くなります。

肥料や水は適量適切に行うのがポイントでしょう。

これからは、カンナの病気について述べます。

カンナの病気には、モザイク病、黄色斑紋病(おうしょくはんもんびょう)、茎腐病(くきぐされびょう)などがあります。

モザイク病とは、葉脈に沿って淡い黄緑色のモザイクがでるという症状です。

黄色斑紋病は、はじめは葉脈に沿って黄色になり、その後全体に広がってしまいます。

茎腐病は、その名のように茎の下から枯れていく病気です。

以上のようにカンナの病気について述べましたが、あまり心配することはありません。

病気にかかりにくい植物なので、一般的にカンナは育てやすいといわれます。

とはいえ、デリケートなことをふまえ手入れ気配りを忘れずに大切に育ててください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  • 2020.12.3

    インフルエンザの予防法

    感染力の強いインフルエンザを避けるためには、基本的な手洗い、うがい、マスクの着用…

  • 2017.5.23

    祐愛会織田病院

    こちら、佐賀県にある、日本一の気配り病院を目指している病院です。24時間通して常…

  • 2019.4.1

    たけおクリニック

    一般内科と糖尿病内科の診療科を儲けているクリニックでは、風邪や季節ごとの症状から…

  • 2020.10.15

    病院に上手にかかるために覚えておきたいポイント

    体調が悪い時に病院に行く人は多いと思いますが、自分が正しい受診ができていると思う…

  • 2017.6.7

    成城内科

    小田急線成城学園駅の近くにある成城内科は、訪問医療を専門としています。 訪…

  • 2019.10.5

    小田内科クリニック

    充実した検査や患者のことを第一に考えた診療、介護サービスなど、地域密着のかかりつ…

  • 2018.6.1

    おおきこどもクリニック

    お子様の疾患で悩んでいるという親御さんも多いかもしれませんが、栃木にあるおおさき…

  • 2016.11.18

    川口ハートクリニック内科

    内科の中でも特に循環器科、糖尿病外来を得意としているクリニックで、胃や大腸の内視…

  • 2016.12.1

    ヴェリテクリニック

    美容外科としての歴史は12年と比較的新しいものの、技術力の高い医師が多く在籍して…

  • 2017.3.9

    鎌田医院

    地域密着で活躍されている医院で、内科系の疾患から消化器系、循環器系、小外科など幅…

カレンダー

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る