日本におけるカンナの栽培

カンナは一般に熱帯アメリカにある花ですが、日本でも育てることが出来ます。

ここでは、カンナの育て方、および病気について述べます。

まず育てる場所ですが、日当たりの良い場所を選びましょう。

熱帯性の植物なので、寒さに弱いのですが、真夏の直射日光の下でも大丈夫といわれます。

用土は、有機質を多く含む土なら基本的にどのような土でも育ちます。

地植えの場合は、堆肥や腐葉土をたっぷり混ぜ込んでおきましょう。

植え付けは暖かくなる4月以降が適しています。

カンナはデリケートな植物で、土を乾かしてしまうと成長してくれません。

といって、水をやり過ぎると枯れるおそれがあります。

また花を咲かせようと肥料をたくさん与えると、かえって花付きが悪くなります。

肥料や水は適量適切に行うのがポイントでしょう。

これからは、カンナの病気について述べます。

カンナの病気には、モザイク病、黄色斑紋病(おうしょくはんもんびょう)、茎腐病(くきぐされびょう)などがあります。

モザイク病とは、葉脈に沿って淡い黄緑色のモザイクがでるという症状です。

黄色斑紋病は、はじめは葉脈に沿って黄色になり、その後全体に広がってしまいます。

茎腐病は、その名のように茎の下から枯れていく病気です。

以上のようにカンナの病気について述べましたが、あまり心配することはありません。

病気にかかりにくい植物なので、一般的にカンナは育てやすいといわれます。

とはいえ、デリケートなことをふまえ手入れ気配りを忘れずに大切に育ててください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  • 2022.3.16

    さいたま中央クリニック

    複数の診療科を設けている複合クリニックですから、どの診療科を受診すればいいか分か…

  • 2017.5.23

    長澤クリニック

    西武新宿線の本川越駅から徒歩7分の所に位置する長澤クリニックは、内科・リウマチ科…

  • 2018.5.1

    えのもとクリニック

    来院したお子様が痛がったり怖い思いをしないよう心がけており、お子様の様々な症状に…

  • 2020.12.3

    インフルエンザの予防法

    感染力の強いインフルエンザを避けるためには、基本的な手洗い、うがい、マスクの着用…

  • 2022.7.15

    医師によって診断が異なるのは何故?

    病院を受診すると、医師によって診断が異なる場合がありますが、どうしてなのでしょう…

  • 2016.12.9

    優ビル歯科医院

    治療の主体は患者と考え、患者がそれぞれ望んでいる事を1から10まで受け止めた上で…

  • 2015.3.30

    プティ・プランタン

    フラワーレッスンを中心に、フラワーギフトやインテリアに使用するアレンジメントの製…

  • 2021.5.27

    小児科は何歳まで通院できる?

    小児科は文字通り体調の悪い子供が利用できる診療科ですが、何歳まで通院する事ができ…

  • 2017.11.14

    ナステント

    気道の閉塞や狭窄を防ぎ呼吸の確保を助けてくれます。ナステントは鼻から挿入するチュ…

  • 2021.7.29

    沢山ある診療科、どこを受診すればいい?

    病院の診療科は、内科や外科、皮膚科や眼科など38もの種類がありますが、調子が悪く…

カレンダー

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
ページ上部へ戻る