日本におけるカンナの栽培

カンナは一般に熱帯アメリカにある花ですが、日本でも育てることが出来ます。

ここでは、カンナの育て方、および病気について述べます。

まず育てる場所ですが、日当たりの良い場所を選びましょう。

熱帯性の植物なので、寒さに弱いのですが、真夏の直射日光の下でも大丈夫といわれます。

用土は、有機質を多く含む土なら基本的にどのような土でも育ちます。

地植えの場合は、堆肥や腐葉土をたっぷり混ぜ込んでおきましょう。

植え付けは暖かくなる4月以降が適しています。

カンナはデリケートな植物で、土を乾かしてしまうと成長してくれません。

といって、水をやり過ぎると枯れるおそれがあります。

また花を咲かせようと肥料をたくさん与えると、かえって花付きが悪くなります。

肥料や水は適量適切に行うのがポイントでしょう。

これからは、カンナの病気について述べます。

カンナの病気には、モザイク病、黄色斑紋病(おうしょくはんもんびょう)、茎腐病(くきぐされびょう)などがあります。

モザイク病とは、葉脈に沿って淡い黄緑色のモザイクがでるという症状です。

黄色斑紋病は、はじめは葉脈に沿って黄色になり、その後全体に広がってしまいます。

茎腐病は、その名のように茎の下から枯れていく病気です。

以上のようにカンナの病気について述べましたが、あまり心配することはありません。

病気にかかりにくい植物なので、一般的にカンナは育てやすいといわれます。

とはいえ、デリケートなことをふまえ手入れ気配りを忘れずに大切に育ててください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  • 2018.4.2

    みずとりクリニック

    女性一人ひとりに合わせたお産をサポートしており、患者様のプライバシーに配慮した医…

  • 2016.10.25

    中山小児科医院

    お子さんが日々健康的に過ごせるよう、健診や予防接種を積極的に取り入れていて、管理…

  • 2015.10.1

    七尾フラワーパーク・のと蘭ノ国

    約800種類、10,000株の蘭が栽培されており、自然を全体で感じられる事が出来…

  • 2017.4.21

    いわつき小児クリニック

    子育てをしている親御さんは、子どもが罹る様々な症状に悩まされることが多いですが、…

  • 2022.3.16

    さいたま中央クリニック

    複数の診療科を設けている複合クリニックですから、どの診療科を受診すればいいか分か…

  • 2015.4.20

    さいだ花店

    それぞれが抱えている想いを表現してくれるフラワーショップで、また一つ一つのお花の…

  • 2021.2.4

    大阪赤十字病院

    内科や外科系はもちろんのこと緊急外来も受け付けている大病院です。 アクセスがい…

  • 2017.11.14

    ナステント

    気道の閉塞や狭窄を防ぎ呼吸の確保を助けてくれます。ナステントは鼻から挿入するチュ…

  • 2017.3.28

    久保田産婦人科病院

    1954年に開設以来、地域密着型の産婦人科専門で多くの妊婦さんやママさんをサポー…

  • 2017.12.6

    みたかヘルスケアクリニック

    慈悲のガンの治療や保険診療、点滴治療などを専門的に行っているクリニックですから、…

カレンダー

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る