法事用のお花

まずは、法事用とおっしゃってもギフトなのかすぐ使うような花なのかお客様に伺います。必要ならラッピングします。
お客様自信で使われそうなら過剰な包装は多分しません。

最近はギフトショップが多いのでお客様の花は生花という感覚が、えっと思う事も多々ありました。

ラッピングに使うセロハンやリボンなど意外にばかにならないんです。通常切花一本は生物ですし、過剰な利益は上乗せしないんですね。なので、本当ならラッピング代を別に頂ければ良いのでしょうがなかなかそうもいかずサービスのお店が多いんです。

他にも3000円の花束頼まれたらラッピング代も引いてというのもざらです。
お客様にしたら3000円丸々花じゃないですか?

私が以前働いてたお店でも個人経営で出来るだけ花を安くしたいからどうしても資材代をいかに節約するかでいろいろ資材を試しました。
原価で3000円用のアレンジの紙袋は70円弱。5000円用は150円弱でした。
安っぽくなくある程度の。

お持ち帰りに袋のようなものは必要ですけど、やっぱり花を痛めてしまいますので…、普通に慣れてるお客様ですとそのままお持ち帰りになります。
昔は花束を袋に入れてというお客様がいなかったです。アレンジはいれますが。

予約時点で出来るだけ話の中などから推測や確認をします。

大きいアレンジ袋入りでと言われれば、お、お客様!どちらかですと説明します。

花屋も昔ながらのお店だと融通がききづらいです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  • 2015.3.23

    Flower studio アンジェリケ

    ブライダルフラワーの製作やフラワー教室を専門として活躍されているフラワーショップ…

  • 2016.12.9

    優ビル歯科医院

    治療の主体は患者と考え、患者がそれぞれ望んでいる事を1から10まで受け止めた上で…

  • 2017.1.5

    東葛クリニック病院

    内科、外科、泌尿器科、整形外科など他にも合わせて全てで10の診療科目がありますが…

  • 2017.4.19

    宮林医院

    開業以来53年間、皮膚科専門として地域住民から支持されている病院ですから、皮膚に…

  • 2017.1.12

    Theoryクリニック

    美容医療として特にたるみやシワ、目のたるみなどのアンチエイジングや若返りに力を入…

  • 2015.5.5

    花街道

    自宅で気軽に楽しめるお花から店舗に飾るお花まで幅広く取り揃えているお店で、誰でも…

  • 2017.5.23

    祐愛会織田病院

    こちら、佐賀県にある、日本一の気配り病院を目指している病院です。24時間通して常…

  • 2016.9.8

    ほしの内科・アレルギークリニック

    内科、小児科の一般的な診療から、アレルギーの専門医としても活躍されているクリニッ…

  • 2018.7.2

    あきもとこどもクリニック

    お子様だけでなくご家族も健康で過ごせるようなサポートを行っていますので、お子様が…

  • 2017.5.23

    長澤クリニック

    西武新宿線の本川越駅から徒歩7分の所に位置する長澤クリニックは、内科・リウマチ科…

カレンダー

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る