パンジーをきれいに咲かせよう

06410

豊富な花の色や育てやすさから、春の花壇に欠かせない花に「パンジー」があります。

別名サンシキスミレといい、語源は物思いにふけるという意味です。

数千種あるともいわれるパンジーですが、花付のいい種なので初心者向けです。

寒さに強く暑さに弱い一年草で、11月~5月いっぱい花をつけます。

では栽培の方法を説明しましょう。

8月下旬~9月の初旬に種をまきます。

あまり秋にずれ込むと苗が育つ前に冬の寒さが来てしまい、開花が遅くなることもあるので注意が必要です。

最初は、風通しのよい日陰で管理するとよいでしょう。

発芽したら日陰から日向へ移動します。

発芽する頃になると、ある程度の暑さには耐えられるようになります。

苗の植え付けは10月~11月、霜が降りる前に行いましょう。

その時、ポットの中に白い根で覆われている古い根を切って、新根の発生をうながすようにします。

水やりは表面が乾いたらたっぷり与えます。

冬場は、午前中に与えるようにし、夜間の冷え込みで根が凍ってしまうことがないように気をつけましょう。

また絶え間なく花が咲くので、スタミナ切れしないように肥料を与えければなりません。

植えつける前に粒状の肥料を混ぜ込みます。

そして、あとは3月までは液体の肥料を与えます。

3月以降には肥料をやる必要はなく、やり過ぎると逆に花付が悪くなります。

植え付け後の手入れは、枯れた花を茎の根元からとるようにします。

きれいな花を咲かせるため、丁寧に優しく世話をすると期待にこたえてくれるでしょう。

おすすめ記事

  • 2016.3.1

    アロマ&フラワーデュオ

    贈る人、贈られる人、双方の気持ちを最も大切に考えてくれるフラワーショップです。 …

  • 2017.9.11

    熊谷総合病院

    こちらの病院は、地域の中核病院として、地域医療関係者と密接な協力のもとに住民の保…

  • 2016.8.29

    スタジオ・ムー

    花束やアレンジメント、トピアリーや法事の花など幅広く取り扱っていて、金沢市石引に…

  • 2019.10.5

    小田内科クリニック

    充実した検査や患者のことを第一に考えた診療、介護サービスなど、地域密着のかかりつ…

  • 2018.9.3

    みらくる歯科クリニック

    矯正歯科学会の認定医が在籍していますし、患者さんを笑顔にするというコンセプトのも…

  • 2015.5.11

    アロマ&フラワーデュオ

    贈る人、贈られる人の気持ちを大切に考えてくれるフラワーショップです。 アレンジ…

  • 2017.2.17

    高知いちょう医院

    マニュアルに沿った対応ではなく、一人一人のスタッフが臨機応変な対応で助けてくれる…

  • 2020.2.18

    日比谷ヒフ科クリニック

    日番谷駅直結、さらに平日は19時30分まで診察しているということで忙しい方にも通…

  • 2021.5.27

    小児科は何歳まで通院できる?

    小児科は文字通り体調の悪い子供が利用できる診療科ですが、何歳まで通院する事ができ…

  • 2015.4.20

    さいだ花店

    それぞれが抱えている想いを表現してくれるフラワーショップで、また一つ一つのお花の…

ページ上部へ戻る